現在でも入手できる積層電池015

15F20_1注文していた積層電池“015”の互換電池、「15F20」が届いたので報告する。型番は9V角型電池「6F22」同じ表記で、F20という小さい電池が15個直列で接続されているため、15F20となっている。これは北海道のNPO法人「ラジオ少年」で入手したもので今回は2個購入した。貴重な電池だからといって、買い占めは止めましょう。

 

 

15F20_2側面。ブランド名は「SUPER POWER」というブランド。でも、「SP」ではなく、「ST」と読めるマークはかなり疑問ですね。全面中国語表記で中国製と思われる。“GUANGZHOU SHAOTAI LIGHT INDUSTRY CO.,LTD”というメーカー製でネット上で検索をしてみるもこのメーカーの情報は得られなかった。

 

15F20_3各社015との比較。かつて日本メーカーが発売していた015の端子が四角形だったのに対し、今回入手した15F20は端子が丸型です。若干ですが、15F20の方が大きく感じます。

 

 

15F20_4この電池どこかで見たことがあるなぁ…、と思ったらHi-Wattのお馴染みのデザインにそっくりです。Hi-Wattは中国ではPanasonicに匹敵するくらいマネする価値のある有名メーカーなのでしょうか。

 

 

15F20_5ほら、裏面もこの通り。柄だけではなく、ロゴの漢字2文字というところまで似ていますね。

 

 

 

15F20_6こんな感じの封筒で届きました。郵便振替で入金するので、大分時間がかかります。3月31日に入金して4月4日に到着しました。サイト表記の送料は5000円までの注文で500円という記載でしたが、普通郵便での発送となったようで送料200円で済み、300円が同封されていました。

昨日から電卓のブログパーツを追加しました。電池のセル電圧計算などにどうぞ。電卓自体はカシオの実在の電卓をモデルにした本格派で携帯電話配列のボタン配列に切り替えることができます。このブログパーツはflasco.jp様よりお借りしました。


現在でも入手できる積層電池015」への5件のフィードバック

  1. RQ-SX50

    この中国製15F20、長さが国産時代のものより数ミリ短い上に分厚いので015電池と完全な互換はできないようです。
    テスターならなんとかなりますが、手持ちの東芝製BC発光器P-Ⅲに入れるとフタが閉まらなくなります。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      確かにそうですね。この記事の3枚目の写真を見ても若干分厚いのがわかりますね。
      FDKのNC706なら行けそうですが値段がヤバイですよね…。

      返信
      1. RQ-SX60

        追記ですが、この15F20の外装を外すと厚みは多少マシになりました。
        が、この手の積層電池って中の素セルの見た目がちょっと…って感じです。
        一言でいうと気持ち悪い…

        返信
  2. Tomosan

    楽しくブログを拝見させて頂いております。
    この互換電池、「15F20」は私も「ラジオ少年」で購入致しました。
    ご指摘通り、厚みが1mm程度旧国産品より厚く、外装のブリキ?を外して使用しております。
    流石に中国製なのか?購入の過半数以上が・・・新品でも電圧は出るが、電流が流せない(流すと極端な電圧降下)物
    でした。
    テスターなどでは電圧が出てれば良いのですが、私の場合は古いトランジスタラジオに使用した為、最低でも10mAは
    必要だったので、大半が無駄になりました。
    この電池の在庫はすでに0個で、中国メーカーも製造を中止したそうで、ラジオ少年も次の仕入れ先が無く困っており
    ました。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      遂に製造中止になってしまいましたか…。残念ですね。
      記事中でも触れていますが、ネットで検索しても出ない程の電池メーカーなので、価格と合わせても性能はそれ相応なのでしょうかね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。