TOSHIBA アルカリ1 アルカリ乾電池 6LF22/9V

6LF22AG_1秋葉原の千石電商で売られている東芝『アルカリ1』の9V形。現在東芝のアルカリ電池の9V形は主力の「IMPULSE(インパルス)」ブランドでのみの発売であり、写真のアルカリ1はOEM供給のみ、東芝のホームページでも『*個人のお客様への販売はしておりません。』ということで、現在一般の量販店ではまず見ることが出来ないレアな電池なのです。
とは、言ってもかつては売られていた電池ですから、電池自体がレアなのではなく、この電池が売られている光景がレアなのですけどね。

6LF22AG_2電池裏。現在この電池はOEM向けですが、かつて売られていた電池であるためかバーコードもそのまま残っています。珍しい8ケタバーコード、ベンダーは“東芝ホームアプライアンス(491063)”。
この電池は6LF22なのでマレーシア製です。

 

 

6LF22AG_3使用推奨期限は「12-2015」。2年期限、2013年12月製造の電池で、まだ1年経っておらず、新鮮な電池です。

 

 

 

6LF22AG_4今回、これだけでは面白く無いので、昔買った市販されていた頃のアルカリ1“6LF22AG EC”が出てきたので紹介します。社名表記は“東芝電池株式会社”の頃の古いもの。パッケージのキャッチコピーは“長持ちハイパワー!!”。
例のごとく6LF22タイプでマレーシア製。この頃からマレーシアだったのですね。パッケージ上には『6LR61 同等品』と記載されています。

 

6LF22AG_5現行品と比較してみる。手前側が古いもので、奥側が現行品。ほぼ同じデザインを踏襲していますが、“アルカリ1”の字体や“9V形”の表示位置が違います。この違いは9V形だけではなく、単1~単5も共通の違いです。

 

 

6LF22AG_6裏面。こちらはほぼ同じでバーコードも全く同じものです。ただし、注意書きは異なり、現行品は「危険」と「警告」のみですが、古いものは「危険」・「警告」・「注意」と増えており、注意文の文章量も古いものの方が何故か増えています。

 

 

6LF22AG_7古いものの使用推奨期限は「04-2006」。恐らく、2004年4月製造でしょうか。どちらとも使用推奨期限の印字はインクで記載されているタイプです。
ちなみに、このマレーシア製の6LF22にはインクで印字されているタイプと、刻印されているタイプの2種類があるようですが、何か違いがあるものなのでしょうか?かなり疑問です。


TOSHIBA アルカリ1 アルカリ乾電池 6LF22/9V」への2件のフィードバック

  1. 無名

    これは一時期秋月でも販売されており、実際に通販で購入しました。
    同じ生産国なIMPULSEの6P形と何か違いがあるのか気になるところです。

    個人的にはこのデザインがかなり好きでかなりか前に見つけてデザインがどうこうと気にしだして乾電池収集に走ったような…

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      個人的な推測ですが、IMPULSEとアルカリ1の6P形は過去のものはどうだかわかりませんが、市販向けとOEM向けというだけで中身は同じものだと思っています。両者ともマレーシア製ですし、底面の使用推奨期限の印字もインクで記載されている点も同じですしね。でも、実際はベンチマークしてみないとわからないとは思いますが。

      なるほど、無名様にとってアルカリ1は電池コレクションを始めた思い出の電池なのですね。
      アルカリ1は当時、東芝としても相当力を入れていた電池だったようで、テレビCMなども盛んに流れていたような気がします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。