電池からの異音

panalr1_1部屋から謎の音、「プス・プス…」という音が聞こえ、何か虫の音かなぁ…、と思ってこの音の原因を探していると、写真の単5アルカリ電池からの音であることが判明したのです。
マイナス極、写真上の白い部分からガスが発生、写真には撮れていませんが、泡も発生していました。ガスが発生しているということは破裂の危険性は無いのですが、気分的によろしいものではありません。

 

panalr1_2ちなみに使用推奨期限は「10-2007」。もしこのような電池に遭遇したら、有無を言わずに廃棄しましょう。何故なら、ガスの放出をきっかけとして電池が液漏れを引き起こす可能性が高いからです。
一番印象的だった電池関係のトラブルは幼い時に経験した単5マンガン電池の破裂で、いきなり部屋の中で爆発音(!)が聞こえて、探してみるとある単5電池のプラス極が取れており、それがこの音の原因であるということがわかったのです。

電池をコレクションするという行為はこのような液漏れや異音、これは極まれですが破裂などと付き合っていかなければならないわけで、なかなか難しいコレクションであるというのがわかっていただけたのではないのかなと思います。


電池からの異音」への2件のフィードバック

  1. RQ-SX50

    同ロットの新品を大量に保管していたのでチェックしてみたところ幸い無事でした。
    しかし年代的に使い切ってしまった方が無難でしょうか。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      無事なのであれば保管しておいても大丈夫かとは思いますが、今後保管するにあたっては注意してみておくといいかもしれませんね。
      安いものであればあるほど使用推奨期限が切れた電池の液漏れのリスクは高まりますので用途があるのならば、使ってあげても良いとは思いますが…。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。