SHARP GII マンガン乾電池 R6PU

sharpGII_1レアなシャープのマンガン電池。確か、未開封品をリサイクルショップで入手したと記憶している。パッケージの表にも裏にもバーコードは見られないので、何かの付属品として添付してきたものだろうか。
電池の型番表記は「R6PU」なので、黒マンガン相当のマンガン電池であろう。

 

 

sharpGII_2電池の外観。「水銀0使用」。名義は“シャープ株式会社 AVシステム事業本部”。電池記載の住所は現在でもシャープの東広島の事業所として健在で、今は“通信システム事業本部”になっているようです。

 

 

sharpGII_3JISマーク表記には「C8501 M.D.B. MADE IN JAPAN」と書かれているので、日立マクセルの日本製であると思われる。認定番号が書かれていないので、どこの工場製かは不明であるが、マクセルの日本製マンガンの製造地は現・日立マクセルの本店がある大阪府茨木市丑寅の工場(7987)しか無かったようなので、同工場で製造されたものと推測される。

 

sharpGII_4プラス・マイナス側。プラス極の絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は“12-2002”であり、2年期限と考えても2000年製造という比較的新しい電池です。

 

 

sharpGII_5おまけ。1988年春夏号のカタログより。一応、カタログにマンガン電池の価格表が掲載されていたので販売もしていたのだろう。しかし、店頭で見たことがありませんがね。
価格とラインナップから推測すると、今回紹介した「GII」が黒マンガン相当、「GI」が赤マンガン相当であると考えられる。


SHARP GII マンガン乾電池 R6PU」への4件のフィードバック

  1. 無名

    シャープのお店に捨てられていたもののみを持っているのですが元々何かの添付用なのでしょうか。最近のカタログにも載っていたのか気になるところです。
    以前ハードオフのジャンクで売られていたシャープワープロのワイヤレスリモコン?の中にGⅡの単4が入っていましたが確か98-01、マクセル製だったとおもいます。リモコンのみを売ってくれと交渉しましたがもれなく没収されましたw
    上で書いたシャープのお店ではシャープの乾電池なんて売った事が無いと言っていましたので一応カタログには載っているが販売はされなかったパターンなのでしょうか。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      自分もシャープの電池は未開封でも添付品と思われるものか使用済みのものしか見たことがありません。シャープもそうですが、NECもカタログに掲載されていないながらも販売されていた痕跡が見られないので本当に売っていたの?って思ってしまいますよね。

      返信
  2. 無名

    シャープ乾電池を並べてみました
    http://s-up.info/view/201201/127308.jpg
    持っていらっしゃるカタログにアルカリは載っているのでしょうか。
    やはり気になるので今度聞いてみようかなと思っています。

    NECブランド乾電池は旧ロゴ黒マンガン、現ロゴ青マンガン、現ロゴ赤マンガンを確認していますがいずれも使用済みです。カタログにはNECのアルカリもありましたが未確認
    現ロゴ青は無名、赤はSUPERの名前が付いています。いずれも横デザインです

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      シャープの1988年春夏号のカタログではこの記事に掲載した写真が全てです。マンガンのみでアルカリは掲載されていませんでした。
      今は持っていませんがNECホームエレクトロニクスのアルカリ電池(旧ロゴ)も持っていたことがあります。NECのカタログに掲載されていた緑色の外観のものではなく、金色ベースの極普通なアルカリ電池の外観をしていました。確かこれも東芝電池碓氷川工場(T-U)製だったような気が…。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。