Panasonic マンガン乾電池 単1形 R20PRJ (R20PRJ/2SA)

ダイソーで発売されているパナソニックブランドのマンガン電池です。その中で単1は一番長い期間発売されたサイズであり、もうお馴染みの存在と言えるのではないでしょうか。
そんな単1がリニューアルを果たしました。見た目の違いは以前と全く同じなのですが、生産国が“中国製”から“インドネシア製”に変わっていたのです。今回はリニューアルしたパナソニックの単1マンガン電池を紹介して行きたいと思います。


パッケージです。中国製とインドネシア製では型番が異なっており、写真左が中国製の“R20PRJ/2S”で写真右がインドネシア製の“R20PRJ/2SA”となっています。両者とも2本シュリンクパックであることに違いはありません。しかし、両者は違う商品となっているようで“R20PRJ/2S”が「4549077313256」というJANコードなのですが、“R20PRJ/2SA”が「4549980621288」というコードで異なっているのです。パナソニックアルカリ乾電池はリニューアルでもJANコードが違わないのにも関わらず、このマンガン電池のJANコードが違う理由がわかりません…。なぜ??
バーコードの事業者名は両者とも“パナソニック(株)(4549077と4549980)”となっています。

電池の外観です。デザインは同じパナソニックのアルカリ電池である“アルカリβ”を踏襲したものを採用しています。中国製(左)もインドネシア製(右)もデザインは全く同じもの、電池自体の型番は“R20PRJ”とこれまた同じ型番になっています。
注意書きも“イワタUDゴシック”が使用されている同一の文面で、違うのは生産国の表記だけなのでパット見では違う電池であることに気付きにくいかもしれません。


最後にプラス・マイナス側です。左2本が中国製で、右2本がインドネシア製です。プラス極の絶縁リングは両者とも「」です。違うのはマイナス極に刻印されている使用推奨期限の表示で、インドネシア製は数字が細長くなっている字体になっています。これはインドネシアに所在するパナソニックの電池工場“PT. Panasonic Gobel Energy Indonesia”製であると推測されます。
今回購入したインドネシア製の使用推奨期限は「06-2023」となっていて、パナソニックのカタログでは単1の使用推奨期限は“3年”となっていることから、2020年6月製造の電池であると思われます。マンガン電池はアルカリ電池と比べると使用推奨期限が短いので早めに使ってしまうのがおすすめです。

★関連記事
Panasonic マンガン乾電池 単1形 R20PRJ
→当電池がまだ中国製だった頃のものを紹介した記事。当時パナソニックブランドの乾電池がダイソーに登場したことが衝撃だった。
Panasonic マンガン乾電池 単2形 R14PRJ
→現在もダイソーで発売されている当電池の単2を紹介した記事。こちらは当初からインドネシア製だった。
Panasonic マンガン乾電池 単3形 R6PRJ (R6PRJ/4S)
→同じくダイソーで発売されている当電池の単3を紹介した記事。こちらも当初からインドネシア製。単1がインドネシア製になったことにより、このシリーズは全てがインドネシア製となりました。


Panasonic マンガン乾電池 単1形 R20PRJ (R20PRJ/2SA)」への2件のフィードバック

  1. かわいいbot

    おそらくご存知だとは思いますがコレの単4の6本入りをダイソーで見かけました。
    インドネシア製で金属外装!です

    アレ、コメント残したはずなのに反映されてない….

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      ありがとうございます。当ブログは承認制となっておりますので、私が承認を行わなければ表示されない仕様となっております。後のコメントは削除しましたのでよろしくおねがいします。

      さて、ダイソーで発売開始されたパナソニックの単4マンガン電池ですね。私のTwitter上では報告させていただいたのですが、なかなか日々が多忙でありますのでブログで紹介できない状態です。もうしばらくしたら執筆したいと思いますのでお待ち下さい…。

      https://twitter.com/mihadenchi/status/1294483136466677760

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。