YAMADA 3 / 4 単3形/単4形 アルカリ乾電池 YS-LR6H1/4S / YS-LR03H1/4S

大手家電量販店“ヤマダ電機”に新登場したアルカリ電池です。現在ヤマダ電機PBのアルカリ電池には金色のスタンダードタイプ銀色のハイグレードタイプのものが存在していますが、こちらはそれらに加え発売されたアルカリ電池のようです。
金色や銀色のものに比べると、単3と単4の4本パックが160円前後と最安値であったことから、エントリーモデルのアルカリ電池なのではないか?と推測されます。


パッケージ。現状ではこの単3と単4の4本シュリンクパックのみであり、他サイズは存在していないようです。ラベルには“お買い得 4本パック アルカリ乾電池”と記載、お買い得感をアピールしています。4本パックは普通でお買い得ではないと思うのですが…ってどこかでも書きましたねw。パッケージにのみヤマダ電機のプライベートブランドである“Ys YAMADA SELECT”のロゴがあり、かつては電池のブランドとしても用いられたことがありましたが、現在電池本体にはヤマダ電機のロゴがそのままブランドとして使われています。
社名表記は“株式会社 ヤマダ電機”。バーコードの事業者名はヤマダ電機のアルカリ電池ではお馴染みな“(株)OPTILED LIGHTING(456237144)”です。


電池の外観です。真っ白なベース色が特徴のデザイン。ヤマダ電機のアルカリ電池で真っ白いデザインに新鮮味を感じないのは、かつてのハーブリラックスアルカリ電池が白だったからでしょうね。ロゴはそのままヤマダ電機なのでどこの電池かは一目瞭然!
社名表記はパッケージと同じく“株式会社 ヤマダ電機”。生産国は“Made in China”で中国製となっています。

プラス・マイナス側です。マイナス極絶縁リングの色は「」。使用推奨期限の表示は印字ではなく、注意書きなどとともに印刷されているタイプです。
使用推奨期限は単3と単4共に「04-2025」。パッケージに使用推奨期限などの表記は見られませんが、5年期限のそれぞれ2020年4月製造の電池であると思われます。金色や銀色は10年期限ですから、やっぱエントリーモデルなんでしょうねぇ。

外装ラベルを剥がしてみました。単3には「SGYH04 221043」の、単4には「IGYH 04 251618」のレーザー刻印らしきロット番号があります。
この上アルファベット+数字6ケタ、下数字6ケタパターンはかつてGP製のアルカリ電池で見られた特徴だったのですが、最近はPAIRDEER(Zhongyin (Ningbo) Battery Co., Ltd.)製のアルカリ電池でも見られ、見分けが付かなくなりました。


最後に絶縁リングとマイナス極の拡大です。絶縁リングは薄緑色。刻印パターンは単3と単4で異なっており、単3は切り欠きを下に置いた状態上に“S 32 L”の刻印が、単4は切り欠きを右に置いた状態上に“S 15 L”下に“G”の刻印がありました。いずれも「SL」の刻印が見られたことから、これはPAIRDEER製のアルカリ電池であると思われます(刻印の意味はこちらの記事を参照)。
マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプとなっていました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。