激安トップバリュ電池のその後…

bestprice1以前、このブログを立ち上げる前に自分のホームページ“Miharin HomePage”内の「コネタ」にて、『激安トップバリュ電池はEnergizer?』という記事を書いたことがある。詳しくはリンク先を見て欲しいが、要約すると当時イオン系統の店で売られていた「ベストプライス by TOPVALU」というPB品の単3電池がシンガポール製で構造がEnergizerのものにそっくりだったという話である。

 

そこで、今回は現在の「ベストプライス by TOPVALU」の電池はどうなっているのだろう?ということでイオンに行って買って来ました。まず違うのが価格。シンガポール製だった頃のものは4本88円で売られていたが、現在のものは4本98円に値上げされていた。製造国もシンガポール製から中国製になっている。電池本体の安さのポイント:海外へ一括大量発注しました。というキャッチフレーズは変わっていない。

ちなみにこのベストプライス、かつては「ベストプライス by TOPVALU」という名称でトップバリュのロゴが小さく、トップバリュのマークも無かったが、2012年3月から「トップバリュベストプライス」と正式にトップバリュファミリーに入り、トップバリュのロゴ(黄色)が付いた新しいものになっている。電池は丁度今が切り替わりの時期のようで絵柄が違うものがあった。写真の左が旧デザイン(推奨期限:07-2016)で右が新デザイン(推奨期限:09-2017)のものである。旧デザイン品はかつてのシンガポール製に似ているけど、「アルカリ乾電池」という字体が違ったり、グレーと白の2色デザインだったのが、白ベースのデザインに変わってますね。

bestprice2この中国製のベストプライス電池、マイナス側がオーム電機が発売している「V-アルカリ乾電池」に似ているというタレコミがあったので調べてみると、確かに緑色のリングや推奨期限の印刷が似ているし、シュリンクも似ている。もしかしたらオーム電機のOEM供給なのかもしれませんね。


激安トップバリュ電池のその後…」への5件のフィードバック

  1. みっどないと

    『激安トップバリュ電池はEnergizer?』の記事読みました。
    エナジャイザーの方が親会社では?
    シックのサイトにエナジャイザーの歴史が書いてあって、
    そこに 『カミソリのシック( Schick )を傘下に』 とありました。
    http://www.schick-jp.com/energizer/outline/

    返信
  2. みはりん 投稿作成者

    ご指摘ありがとうございます。確かにシックはエナジャイザーの子会社でしたね。逆にデュラセルがジレットの子会社だったので(現在はどちらもP&Gの傘下)、先入観があったのでしょうか?次の更新で直しておきます。

    返信
  3. kazurou

    これはトップバリューベストプライスの方で、トップバリュブランドでタイ製も存在するのです、
    タイ製の方が高性能という意見もあります。

    似た例で、イオン系店舗ではございませんが、
    ホームセンターコーナンでは
    EDLPブランドとLIFELEXブランドで電池が販売されていて、
    EDLPブランドは単一・単二は日本製でFDKと表示され、単三・単四はインドネシア製でFDK表記がありました、
    対してLIFELEX側は単一・単二未確認、単三・単四はインドネシア製とだけ表記するもFDK構造でインドネシア製という電池でした。(FDK表記無し)
    「気の迷い」にて比較されています。

    んで現在は単一~単四共にデザイン変更かなと思って手に取ると、中国製になってしまいました、生産表記無し。
    FDKは中国に工場を持たないのでFDKではない、単一単二の逆装填防止bがないので中国でラベル巻きをした電池でもなさそう…
    EDLPブランド電池・旧デザインLIFELEX電池は姿を消し、中国製という電池、
    ん~どこで作っているんだろ?と思わせる・・・

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      トップバリュのタイ製ってこれですよね?
      http://miharin.moo.jp/blog/rechage/tmp/topvalu1.jpg
      これはパナソニックのOEMで特定ルート販売品である「アルカリβ」と同じものと言われてますね。ただ、パナソニックOEMなだけに高いんですよね。

      オマケでイオンならぬジャスコ時代のトップバリューのアルカリ電池。この頃は「S.E.C.」の記載があり、三洋製だったと思われます(インドネシア製)。確か、同柄のマンガン電池も存在したはず。
      http://miharin.moo.jp/blog/rechage/tmp/topvalu2.jpg

      返信
  4. kazurou

    アルカリβはコーナンで20本単位で売っていましたね、
    気の迷いさんでは日本製、私が当初入手した物はUSA、んで、現在はタイ製になっているから、
    納得といえば納得ですが、
    オーム電機のOEM疑惑のベストプライスか悩みどころですよね…

    ジャスコ時代の物は三洋電機でしたか~
    俺の小学生の頃のロゴだわ…
    SEC表記は見たことが無かったので逆に勉強になりました。
    あと、今は無いけどJR西キオスクのPB電池も三洋コラボでしたが、
    高いので参考用だけしか買いませんでした。
    いつの間にかPB電池を止めて近鉄売店同様に日立が売られてます…
    出張の時しかわからない変化でした。

    返信

みっどないと へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。