Ys YAMADA SELECT ALKALINE High Power YSLR6FJ1/4B / YSLR03FJ1/4B

今回はヤマダデンキ(旧・ヤマダ電機)に登場した新顔のアルカリ電池を紹介します。今までのヤマダデンキのアルカリ電池と言えば、白やゴールド、シルバーと言ったカラーリングでしたが今回は意表を突く「」!とても目立つアルカリ電池です。
そしてヤマダデンキPBのアルカリ電池では一貫して中国製でしたが、今回は初となる日本製のアルカリ電池となっているのも大きな特徴となっています。


これが単3と単4、4本ブリスターパックのパッケージです。この他にも単3と単4の多本パックの他に単1や単2もラインナップされていました。
このパッケージを見れば、電池マニアの皆さんならわかるでしょう。FDK(富士通)の“ワンプッシュ取り出しブリスター”ですね。このブリスターパックは富士通のみならず、三菱電機やかつてのソニー、マクセルのアルカリ電池といったFDKがOEM供給する各社に採用されているパッケージです。という訳でこれはFDK製のアルカリ電池となっていて、社名表記は今までのヤマダホールディングス(ヤマダ電機)ではなく“富士通グループ/FDK株式会社”となっています。ただし、バーコードの事業者名は“(株)ヤマダホールディングス[458041792]”となっていました。
キャッチコピーは今までのヤマダデンキのアルカリ電池で見られた、多量のキャッチとは対象的な「使用推奨期限10年」と「漏液防止構造(正極缶耐食性向上、特殊素材ガスケット採用)」のみ。帰って分かりやすくて良いですね。


電池の外観です。真紅の赤と言っていいほど赤いデザインが目立ちますね。パッケージ上では「日本製」が大きく謳われていますが、電池では表の“ALKALINE”ロゴ上に“Made in Japan”と小さくあるだけです。注意書きやロゴは赤によく映える黒文字を採用、読みやすいです。単4の注意書きはちょっと小さいかな?と感じられますが。
社名表記は“製造元/FDK株式会社”とあるのみで、問い合わせ先の住所や電話番号はありません。

ちなみに、この電池は富士通のどのアルカリ電池に相当するのものなのでしょうか?まずヤマダデンキではプレミアムSを既に取り扱っていますから、これは無いと思います(販売価格的にも)。パッケージには“High Power”の表記がありますし、赤いデザインなことから恐らくハイパワータイプ相当のアルカリ電池であると推測できます。
そこで、ハイパワーを名乗るFDK製のアルカリ電池を並べてみました!

上から、富士通純正のハイパワータイプカインズで売られているHIGH POWERアルカリ乾電池、そしてヤマダデンキのアルカリ電池(日本製)です(いずれも単3)。どれも赤を基調としたデザインが共通しています。どれも注意書きの文面は同じですが、注意書き読みにくいナンバーワンはカインズ!赤いデザインがゴールドの文字と同化して読めません。逆に読みやすいのは富士通純正。文字が若干ながら大きい上、赤に白い文字が読みやすいです。
使用推奨期限の印字は富士通純正のみが大きいタイプカインズとヤマダデンキは小さいタイプの印字です。富士通ブランドのみが大きいのか?と言われればそうでは無く、OEM供給でも大きいタイプの印字もあるようですから法則は不明です。


プラス・マイナス側です。マイナス極絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3と単4共に「08-2031」となっていました。パッケージには“使用推奨期限10年”とありましたから、それぞれ2021年8月製造の電池であると思われます。出来たてのアルカリ電池って感じですね!

外装ラベルを剥がしてみました。単3のみに「9」の印字がありました。単4には印字や刻印の類は見られませんでした。
FDK製のアルカリ電池はこのあたりも一定ではありませんね。印字があったり、無かったり…。

 

 


最後に絶縁リングとマイナス極の拡大です。濃緑色の絶縁リングで、単3には5箇所の突起があるFDK製アルカリ電池でお馴染みのものですが、真円ではなく切り欠きのあるタイプになっていました。単4の方には突起は見られませんが、表面がザラザラです。
切り欠きを上にした状態で、単3には下に「A48」の刻印が、単4には「N31」の刻印が見られました。単4はザラザラ面上の刻印なので読みにくい!間違っているかもしれません。
ガス抜き穴は単3と単4共に4つ穴タイプとなっていました。これはFDK製のアルカリ電池で見られるものであり、これを見ると安心します。

今回の記事でカテゴリー、「一次電池(一般)」内に「ヤマダデンキ」を追加しました。以前の記事もこちらに移行しています。この記事を入れても9件、ヤマダデンキのアルカリ電池って入れ替えスパンが早すぎですよねw。電池マニアとしては嬉しいですが…。

★関連記事
CAINZ Fujitsu HIGH POWER アルカリ乾電池 単3形/単4形
→カインズで売られているこの記事と同じ赤い色のデザインが特徴のアルカリ電池。こちらもHIGH POWERを名乗っており、同等品であると見られるが…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。