コイン・ボタン電池測定器

buttonchecker_1以前、100円均一ショップ“ダイソー”にて売られていたボタン電池用の電池テスターです。かつては普通の電池テスターも売られていましたが、知らない間に店頭から消えていました。
リチウムコイン電池(CRBR)とアルカリボタン電池(LR)と酸化銀電池(SR)が測定可能で、ボタン電池のチェッカーと言うとすべての電池が測定できることを目指した多機能電池テスターに付けられることが多いですが、ボタン電池単体の電池テスターというのはかなり珍しいと思います。

buttonchecker_3まずはアルカリボタン電池(酸化銀電池)を測定。電池は右側のスロットにマイナス極を下にしてセットします。テスターは1.5V側(上)と3V側(下)で示す位置が異なっている。
ちなみにかなり強く押さえないと測定できなかった。

 

 

buttonchecker_4次にリチウムコイン電池を測定。こちらは左側のスロットに同じくマイナス極を下にしてセット。リチウムコイン電池は直径が大きめのためか、スペースが大きくなっている。
写真ではリチウムコイン電池の中で大きい直径(30mm)の“BR3032”を測定していますが、難なく測定できています。

 

buttonchecker_2テスター裏。“注意”として「・ボタン電池はLR型とSR型以外の電池は測れません。」、「・コイン電池はCR型とBR型以外の電池は測れません。」と記載してあり、社名は“株式会社大創産業”となっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。