🗐 みはのにっき

みは のひとりごとにっきです。Xは腐り切っているのでこちらに戯言を移転しました。私の趣味全開でお届けします!!

or 管理画面へ

No.40, No.39, No.38, No.37, No.36, No.35, No.347件]

Icon of miharin
そしてこれが完成した様子です。見た目こそ、改造前と変わっていないように見えますが、[2023]表示の上に何か乗っかっているのがわかるでしょう。これがCdSセルです。
20230525230220-miharin.jpg 202305252302201-miharin.jpg
この共立エレショップで入手したガラス管入りのCdSセルはこのようなスキマに挿入出来て便利でした。センサー部を上にできるのもいいですね。
今回、初めて水銀リレーを使ってみたのですが、結構応答速度が早くてびっくりしました。ただ、実装方向が決まっているので使いにくいという点はあるでしょうね。
Icon of miharin
かねてから展開していた、アリエクで買った時計キットで「暗くなったら自動的に電源が切れる」プロジェクトだが、ようやく回路が完成しました。回路自体はこちらのサイト様 のものをそのまま頂いています。
20230525214232-miharin.jpg 202305252142321-miharin.jpg
左は基板のみ動作確認中の様子で、右は時計の表示裏に実装してみた様子です。

使用した部品は共立エレショップで購入した水銀リレー縦型Cdsセル ケース入 、トランジスタはマイクロカセットデッキ修理の際に購入して結局使わなかったロームの2SC1740を使用しました。リレーの保護用ダイオードは丹青通商で物珍しさで購入したけど使う予定が無かった、三洋電機のDS38 というのを使っています。

20230525224718-miharin.jpg 202305252247181-miharin.jpg
結線した様子。上に繋がってる配線がCdSセルへ、下がリレーから電源スイッチへつながる配線。真ん中辺りに見えるのが+5Vの電源。真下に見えるコネクタから+5Vを頂いています。コネクタはこの間八潮秋月で衝動買いしたXHコネクタの互換品
右の写真は全結線した様子。かなりカオスです💦
Icon of miharin
エイプリルフールに公開された、いたる先生絵のゲーム「ミズカレーン 」のアクリルパネルが届いた!
やっぱり、いたる先生の絵は可愛くて最高なのだ❤
20230525205131-miharin.jpg20230525205158-miharin.jpg
もちろん、実際に飾る用と保存用の2枚買いです!
Icon of miharin
今度はファミコンディスクシステムとクイックディスクの比較。
これはもう似て非なるものでしょう。厚みも違うしディスクの大きさも違う。
共通点は中身のディスクのみ。
20230524002001-miharin.jpg 202305240020011-miharin.jpg
Icon of miharin
比較。同じコルグから発売していたスタンダードMIDIファイルの「クレージーキャッツ」。なかなかにシブいw。
クレージーキャッツの方はCDケースサイズである。しかし中身は2DDのフロッピーディスク。
クイックディスクのケースのほうが高級感がある、高そう。
20230523210337-miharin.jpg
中身のディスク比較。3.5インチフロッピーディスクよりも小さいクイックディスク最高!!
しかし、クイックディスクは磁性体剥き出しなのが怖いね。使い終わったらすぐエンベロープに入れましょう。
202305232103371-miharin.jpg
Icon of miharin
某オクでコルグのクイックディスク(QD)を落札しました。
何故かというと、ブックオフ(ハドオフでは無い!)で購入したヤマハMIDIシーケンサの動作確認のため。
ベルト交換して位相合わせまで行うと、内容が入ったディスクが必要と感じたからです。
しかし、ヤマハのマシンでコルグのディスクが動かせるのかという不安はあるが、1980年代のコルグはヤマハの資本が入ってたから大丈夫でしょう(本当に?。
20230523205237-miharin.jpg
Icon of miharin
ローランドのMIDI音源、SC-55の廉価版である「SC-55ST」って“EDIROL”ブランドのやつがあるんだな😲
“RolandED”になってるバージョンは見たことがあるんだが…、これいつまで生産してたんだろ。
私が持ってるSC-88ST ProでもRolandですからね。
20230523203435-miharin.webp
ちなみにEDIROLとはかつてローランドがDTM製品などで用いていたブランドでそれ以前はRolandEDのブランドが使われていた。
意味はEDit+ROLand。RolandEDも意味は同じだと思われる。

■お知らせ:

みはのにっきへようこそ!特定の記事を見たい時は↓のカテゴリ一覧からどうぞ。全文検索もご活用下さい。

編集

■アクセスカウンタ:

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■新着画像リスト:

全643個 (総容量 620.2MB)

■日付検索:

■カレンダー:

2023年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

■最近の投稿:

最終更新日時:
2024年5月18日(土) 23時56分28秒〔5時間前〕